肩が弱いあなたに…肩を強くするには?




こんばんは。加藤幹典です。本日のお悩み解決はこちら「肩が弱いあなたに…肩を強くするには?」です。
「自分は肩が弱くて…」と悩んでいたりしませんか?
肩を強くする方法について私の経験を踏まえてお答えさせていただきます。

肩を強くするには・・・

私は肩が弱い原因は主に3つあると考えています。

①可動域
②連動性
③筋力

この3つの原因、当てはまるものはありませんか?

①可動域

可動域が狭いと十分なテイクバックが取れない、怪我のリスクが高まります。「可動域が狭い理由は何か」調べなければいけませんが、多くの場合はストレッチなどの柔軟をしっかりと行うことで改善します。以前「柔軟の重要性」という記事の中でも触れてますが、ストレッチなどの柔軟を行うことはとても重要ですのでオススメします。(ストレッチなどでも改善しない症状がありますので、不安がある場合は医療機関にご相談ください)

②連動性

ボールを遠くに投げるには、最後の指先にしっかりと力伝わっていることがとても重要になります。指先に力を伝えるには、下半身で生み出した力を指先まで連動して伝えることが必要です。この連動が力を伝える途中で失速、減速してしまうと、本来持っている力の半分も使えてないことがあります。特に小学生は身体が出来ていない分、身体全体を使って投げようとしますので、顕著に差が出ます。フォームの連動性があるかどうか、まずは確認が必要です。

③筋力

①と②が原因でない場合に初めて筋力が弱いことを疑います。肩の筋力強化はインナーマッスルが重要です。肩のインナーマッスルとは、4つの小さな筋肉(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)から構成されています。(私はこの棘下筋が機能しなくなってしまい、遠投の距離がどんどん届かなりました)
肩のインナーマッスル強化は、怪我の予防にとても大切ですので、しっかりと鍛えた方がいいです。

 

以上が肩を強くするために重要な点です。肩が弱い原因に思い当たることはありませんか?
また、上記以外に個人的に筋力強化で必要だと感じる部分は下半身、背筋、肩、手首など連動する部分全てです。連動する部分で弱点がある場合は、そこを重点的に強化する必要がありますので、重点的に取り組んでみてください。優先順位は可動域+連動性、問題がない場合に筋力強化となります。是非、参考にしてください。